新着情報

投稿日:2020年1月14日

「児童養護施設若松園」の取材に行きました/地域の居場所づくり部会

岡山ささえ愛センター「地域の居場所づくり部会」では、多様なカタチの居場所(集い)の事例を通じて私たちにも出来る居場所づくりを広めようと、社会福祉法人が取り組む居場所や集いを取材しています。それぞれの取組の詳細は、冊子にまとめて発行する予定です。


社会福祉法人 備作恵済会 児童養護施設若松園
住民が施設に集まる「憩いの場」

令和元年8 月28 日、「本中村卓球同好会のみなさまとの交流会」におじゃましました。

この日は、若松園の地元の本中村町内の卓球同好会の方12 名と、若松園の子どもたち、職員さんが若松園の集会所に集まり、卓球を行った後、みんなで一緒にかき氷を食べて交流が行われました。

町内にあった集会所が閉鎖されたため、若松園が卓球やお茶飲み会を行う地域の交流の場として施設を提供されています。卓球同好会の世話人の鈴木さんは「健康が一番大切。卓球を続けられて健康づくりにつながっています」と話してくれました。

交流会に参加させていただき、町内の方の子どもたちに接するまなざしが優しいと感じました。町内の方、施設の方がお互い支え合って地域を盛り上げている様子に感激しました。


▼リーディング事業についてはこちら
 各部会は、構成団体から推薦いただいた地域公益活動推進会議委員がそれぞれ所属しています。