新着情報

投稿日:2019年12月6日

「おふく食堂」の取材に行きました/地域の居場所づくり部会

岡山ささえ愛センター「地域の居場所づくり部会」では、多様なカタチの居場所(集い)の事例を通じて私たちにも出来る居場所づくりを広めようと、社会福祉法人が取り組む居場所や集いを取材しています。それぞれの取組の詳細は、冊子にまとめて発行する予定です。


おふく食堂(まにわささえ愛ネット)

令和元年7月30日、「おふく食堂」を取材しました。

「おふく食堂」は⼦どもからお年寄りまで、食事を通じたさまざまな世代の交流の場・地域の居場所づくりを目的として、まにわささえ愛ネット(※)の会員法人が連携して、この日初めて開催しました。0歳から87歳の住⺠、約70人の参加があり、食事を待つ間は施設職員によるゲームや紙芝居を、その後は美味しい食事を囲んで、参加者は会話をはずませていました。

のぼりでご案内
おふく食堂の様子

社会福祉法人のネットワークで一体となり食堂を開催する事例は、私たちの知っている中では県内初の取組です。参加された職員の皆さんが、目配り気配りしてお互いに協力して取り組む姿、参加者と一緒に笑顔で楽しんでおられた様子が印象的でした。

次回は12月21日(土)に北房地区で開催を予定されています。


※まにわささえ愛ネット(真庭地域社会福祉法人連絡会)
真庭市・新庄村内の社会福祉法人15事業所が参画している、社会福祉法人のネットワーク組織です

▼リーディング事業についてはこちら
 各部会は、構成団体から推薦いただいた地域公益活動推進会議委員がそれぞれ所属しています。